107 成功大学電気|成功大学機械|応用数学編入試験

成功大学電気系編入試験

序文

この記事は実際に2018年に書かれたもので、2023年の今、洞察に満ちた記事を自分のブログに移し、また成都電気機械大学を無事に卒業した。

私が若かったおかげで、人生で最も過酷だった編入試験に立ち向かうことができた。

最後に、この記事が移籍試験を準備する人の参考になれば幸いだ!

編入試験マーク

NTU、入学不可

国立成功大学(NCKU)への入学試験 電気・機械サービス 6 (6)

成大機械(テイク4) 録音テイク

MPF (90) 物理 (70) 英語 (60)

国立成功大学(NCKU) ポジティブ入学(テイク1) 入学マイクロ(87) ポイント(84) 英語(64) 中国語(60)

コンテキスト

桃園にある成績は平凡な国立陽明高校で、高校最初の2年間は会長としてクラブ活動に専念し、高3になって受験の雰囲気が仲間内に蔓延する中で本を手に取った。

テストの総得点はわずか49点で、指のテストは、その後半年間真剣に続けて、平均は幸運にも国立台湾海洋大学工学部に入るために60に引っ張られた。

編入試験の動機

生まれながらにして骨のある私は、自分がそのような特別な人間であることをずっと想像していた。 大学1年の時、様々な活動に参加し、アルバイトをし、夏にはニューヨークへ留学したが、海外に行って初めて自分の無意味さを本当に理解した。

さらに半年間、台北でインターンシップをしながら勉強を続けた後、2年生の冬休みに雨の多い基隆を出る決心をした。

残念なことに、半年間夢中になって勉強したのに、編入試験は不合格だった。

編入科目、概念化、微積分 香港大学には入学できない。

NTNUへの入学は認めない

台湾連結大学、C.C.C.を引き継ぐ準備が整う

NTUへの入学不可

8月2日、両親の怒りと落胆に満ちた目を見て、私は外面は平静を装っていたが、内心は泣きじゃくっていたのを覚えている。両親には「もう一度受験したい」「費用は自分で工面する」「落ちたところから立ち上がりたい」と言った。 今度はNTUの情報工学を受けるのが目標で、物理と微積分に変更します。

編入試験の流れ

作業期間

8月2日、両親への停学届にサインをした後、私は自転車で台北に戻った。 山道を走りながら、自分の不甲斐なさに涙したのを覚えている。 たとえ台北の出費がかさんでいたとしても、今年を乗り切る方法を見つけること、そして今年はもう二度と泣かないことだ。

8月、家庭教師代、家賃、雑費を払った後、口座に6000元しか残っておらず、来月の家賃すらないのを見て、初めて歯を食いしばった。 8月に入ってからは、朝6時に起床し、定刻の8時に信義区の図書館に出勤し、大学以来手をつけていない物理を読み、定刻の11時に出勤し、空き時間は階段の吹き抜けに隠れて黙々と単語を覚え、夜は10時半まで出勤している。

10月、体重は4キロ減り、帰宅時の信号待ちでは相変わらず居眠りをし、朝は疲れて図書館の本に手をつけられず、マイクロクレジットのポイントに手をつける暇もなく、台北の物価の高さに立ち向かうだけのお金もまだ口座になく、せいぜい物理の最後の1年の授業を終えるのが精一杯だ。

12月は仕事にとって大忙しの月である。 10日以上も働き続け、しかも朝10時から深夜1時半までずっと働き、途中の休憩は昼食と夕食の3分だけ。休暇には疲れた体を引きずって図書館に行ったが、物理学と運動学の主要4章は読み終わらず、微積分もまだ読まず、英単語を覚えるために会社の階段の吹き抜けにこもったままだった。 お金のプレッシャー、仕事のプレッシャー、勉強のプレッシャーが次から次へとやってきて、あの時期は自転車に乗るたびに、アクセルだけは最後まで踏み込んで、もう二度と離したくない......と思っていた時期だった。

調査期間

1月、仕事のプレッシャーに耐えかねて、4月に家計の援助で退職するつもりだった。一方では物理に遅れをとり、他方では微積分にまったく手をつけていない。 物理を一通り復習し、微積分も読み始めました。 今回、勉強は気兼ねなくできるようになったが、生活費となると、貯められるだけ貯めて、毎月9000元の家賃が怪物のように口座の数字を食いつぶしている。

月はお金のプレッシャーが体に重くのしかかり、安くて不健康な食事にうんざりしていた。勉強のプレッシャーも増すばかりで、物理は電磁気学予科を半分まで読み、微積分の点数もブラッシュアップしたが、どうも遅れをとっているような気がする。

私はまた無理矢理シャットダウンし、ホームカードを切って台北を離れた。山の中の小さなスイートルームで勉強し、食費は週に800ドル弱、おそらく週に何食かはインスタントラーメンを食べ、朝7時から夜12時まで勉強し、家を出るのは3日に1度だけだった。 その間、机の前で本と向き合い、もう何もかも投げ出してしまいたい、何もかも投げ出してしまいたい......と思っていた。

月、私は再び台北に戻ったが、疲れ切っていたし、長い間普通の食事をしていなかったし、長い間多くの人に会っていなかった。私は丸々1カ月間、試験に臨むための気持ちの調整に費やした。

編入試験の準備

マイクロフラクション

1月から独学で対策をしてきたが、1回目の編入の経験と、実際に物理で微積分を使った経験から、後半の微積分はもはや理解するのが難しい。ベクトル微分積分、偏微分、線形積分、再計算、微分方程式が編入試験のメインであり、この辺りが理解できていないと、他の人に太刀打ちできない。

書籍の利用

(回)、微積分詳細(1回)、原書執(NTUマイクロ2Aフック問題1回)考古学問題:NTUマイクロ2A4年、16紙前後2回、間違った問題は一度ブラッシングした後、再びブラッシングされます。(後半の章に慣れるのが主目的)。

NTUは過去10年で6回、過去20年で1回ブラッシュアップしている(本意は前半の変わりやすいチャプターに立ち向かい、雲のように流れることができるようにすること)。

理学療法

月から予習をしていて、劉宗茹を追い込むばかりでした。 月から去年のクラウドを聞き始め、12月に運動学、熱力学、電磁気学を聞き終わり、毎回先生についていけず、何度も問題をブラッシュアップしていました。2月以降は運動学を数回、熱力学を数回復習した。電磁気学が終わったのは5月上旬、波動光学近接が終わったのは5月末でした。

書籍の利用

原書halliday(問題をブラッシングせず、各章の要約を読んで)、物理学のエッセンス(腐敗を行うには)、劉Zongru先生すべての試験紙、ほぼ60(すべて理解し、3回行うには間違っている)。

考古学的問題

台湾大学の過去問(2回ブラッシュアップ)中国語:台湾大学受験のため、毎週2~4本の小論文を純粋に準備した。テストでは9点、フィンガーテストでは50点そこそこしか取れなかった私にとって、この点数はすでに大きな前進であり、語感も以前よりずっと鋭くなった。 (国立政治大学の小論文の大問2はほぼ自動的に30点近く減点された、つまり選択問題や小論文はほとんど減点されなかった)。

英語

準備に力を注いできたが、採点では準備の仕方が間違っていた。

追記

初めて一人でウイスキーを10杯以上飲んだのも、初めて言葉を使って自分の感情を書いたのも、なぜそうなったのか、それはとても単純なことで、受験勉強を変えられなかった人たちに伝えたい。

歯を食いしばって、もがきながら、この1年間、本当にありがとうございました。おそらく社会から抜け出して、社会がやさしくないことを理解し、世の中がやさしくなることを願い、世の中が私にやさしくない? 私は半生が終わった後、私はまだこの試験の狂気を覚えていることを願っています。

どんな質問でも歓迎するお問い合わせ

フォローは大歓迎だ Instagram

投稿メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ja日本語