Dカード12周年記念サプライズ 生産国

logo00-Dcard-hogantech

序文

私はDcardで働いているわけでも、クリエイティブやマーケティングの仕事をしているわけでもない。

では、なぜソフトウェア・エンジニアである私が、このDcard12周年記念式典に参加する機会を得たのだろうか?

2015年当時、私はまだ大学生だった。

期末テスト前の求人欄で、ソフトウェア・テストの学生を探しているという掲示を見たばかりだ。

こうして私は初めて大安の事務所に入り、間違えてDcardに入会してしまった。

Dcardのオフィスに初めて足を踏み入れてから8年が経った。

時が経ち、私はDcardから離れ、大学を卒業して何年も経つ。

現在是一位軟體工程師,閒暇之餘也開始經營起自己的自媒體

(そして最近、Dcard XDDのクリエイターになった)。

今年、Dcardはすべての卒業パートナーに、Dcard12周年記念セレブレーション「オリジナルを驚かそう」への参加を呼びかけています!

Dcardをプラットフォームとして、オフィスやイベントの写真、料理など、このイベントをみんなと共有したい。

この投稿は公式の協力投稿ではなく、私のささやかな参加体験に過ぎない。

当日、私たちは事前にスタッフと創設者に写真を送っていいか尋ねた。すると、快く許可してくれた。

でも、もしおかしい写真があったら、遠慮なくもう一度削除するように言ってください。

Dcardの様々なロゴ

logo00-Dcard-hogantech
logo02-Dcard-hogantech
logo01-Dcard-hogantech
logo03-Dcard-hogantech

イベントは台北の4フロアにあるDcardのオフィスで行われた。

ゲートウェイ活動のさまざまな展示室を通して、各オフィスは独自の展示室を持っている。

卒業パートナーや参加者が、さまざまな部門やチームのプロジェクトや製品を理解できるようにする。

p.s慣らし運転の時間が限られていたので、メモも取らなかったし、写真と展示物の照合も間違っているかもしれないので、ご容赦を!

展示室 - グッディーズ・リサーチ・センター

Dカードゲーム

Dカード広告

出展 - Dcard IP

(運良く母校の合同Tも見ることができた。)

Dカードクリエイター

Dcard Friend

展示室だけでなく、明るく広々としたオフィスも見学した。

イケアパントリーのスナックやドリンクのコーナーもあり、多くの人が利用している。

また、参加者全員にいろいろな食べ物や飲み物を用意した(本当に真心がこもっている!)。

ゲートクラッシュの後、スタッフは別のアクティビティ会場にグループを集めた。

アジェンダは、創設者Kytuとの炉辺談話、Dcard準備ビデオ、ケーキカット・セッション(ケーキはかわいかった)。

会場のセッティングはとても丁寧で、小さなコンサートのようだった!

最後にカイツーとの写真を!

me02-Dcard Kytu-hogantech

結語

私は大学時代にDcardファミリーの一員となる栄誉を得た。

私たちはDcardが飛躍的に成長し、8年後の今日があることを見守ってきた。

Dcardは本当に素晴らしい雰囲気の会社だと思います。

今年も戻ってくることができて本当に感動している(規模が大きくなり、オフィスも変わったからなおさらだけどね、ハハハ)。

また、我が家に招待してくれたDcardにも感謝する!

このシェアを楽しんでほしい!

この記事が気に入ったら

追跡、購読、お気に入りへのクリックを歓迎します。

インスタグラム: ホーガンとシャオボー|外国人ソフトウェア技術者ノート

投稿メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ja日本語