Webビーコンとは?クッキー以外のツールについて知っておきたいこと

ウェブ・ビーコン-ウェブ・ビーコン

ウェブ・ビーコン入門

ウェブ・ビーコンは、20世紀後半とインターネットの台頭の産物であり、1990年代後半に登場した。より多くの人々がインターネットを利用するようになり、企業は大規模なユーザーデータを収集、理解、活用する仕組みを必要としていた。

クッキーは1994年から使用されています。しかし、クッキーはウェブサイトやデバイスを横断してユーザーの行動を追跡・追跡するには限界があります。そこで生まれたのがウェブ・ビーコンです。この小さな透明な画像は、クッキーの制限の一部を解決します。 ウェブビーコンは、クッキーと連携してユーザーの行動を把握し、複数のウェブサイトを追跡することができます。

ウェブ・ビーコンとは何ですか?

ウェブビーコンは、ピクセルタグや透明GIFとも呼ばれ、通常1×1ピクセルの小さな画像で、ウェブサイトや電子メールに隠されています。これらのウェブビーコンは、それが配置されているページまたは電子メールにアクセスするときにサーバーと通信するように設計されています。通常、デバイスのIPロケーション、ページのURL、ページが表示された時間、使用されたブラウザの種類など、さまざまなデータを収集します。

ウェブビーコンを設置しているウェブサイトにアクセスしたり、電子メールを開いたりすると、サーバーにリクエストが送信され、デバイスや閲覧行動に関する情報を含む小さな透明なグラフィック画像が配信されます。

ウェブ・ビーコン-ウェブ・ビーコン01
ユーザー情報

実際、ウェブ・ビーコンは非常に一般的で、ほとんどの大手企業が使用している。以前の調査では、ウェブ上で最も人気のある100万のウェブサイトのうち、80%近くがウェブ・ビーコンまたは同様のトラッキング技術を使用していることがわかりました。

1×1ピクセルのシンプルな画像として始まったウェブビーコンは、現在のユビキタスな存在に至るまで、オンライン活動をターゲットにすることの意味を理解する方法を変えました。ファイルや画像の長さや幅は小さくても、私たちの日々のオンライン体験に与える影響は大きい。

ウェブビーコンの歴史

1990年代

ウェブ・ビーコンは、1990年代の進化するウェブ・エコシステムにおいて、優れた分析トラッキング・ソリューションを提供します。クッキーではなく、ウェブ・ビーコンは異なるページやデバイスにわたってユーザー・データを追跡・収集することができる。この利点により、企業はユーザーの行動や嗜好に基づいて製品やサービスを構築することもできる。

2000年代、2010年代、2020年代

テクノロジーの進歩に伴い、ウェブビーコンは、電子メールやその他のコンテンツに対するユーザーのインタラクションをより詳細に追跡できるようにアップグレードされました。また、スマートフォンの台頭により、WebビーコンはWebサイトやアプリ上でのユーザーの行動を追跡するために最適化されました。

さらに、個人のプライバシーに対する意識の高まりやトラッキング技術の透明性の追求により、クッキーやウェブビーコンの使用方法にも変化が生じています。

今日、ウェブビーコンはウェブ上のいたるところに存在し、グーグルやフェイスブックなど主要なウェブサイトのほとんどが、ユーザーの行動に関するデータを収集するために、しばしば他のトラッキングツールと組み合わせてこの技術を使用しています。

もちろん、この技術がますます広く使われるようになるにつれて、米国、欧州連合、アジアの多くの国々を含む様々な国によって、クッキーやウェブビーコンに対して何らかの制限や規制を行うためのプライバシーに関する法律や規制も策定されています。

ウェブ・ビーコンの仕組み

ウェブ上のウェブ・ビーコンは通常、外部ソースから読み込まれる画像である。これらの画像は通常0~1ピクセルの大きさで、人間の目には見えないため、スパイ・ピクセルと呼ばれています。また、CSSのdisplayプロパティをnoneに設定することで、画像を非表示にすることができます。あまり一般的ではありませんが、JavaScriptのビーコンを使った実装もあります。ビーコンAPIは、レスポンスを期待せずにサーバーにリクエストを送信できるAPIです。

ウェブビーコン-ウェブビーコン02
HTMLコード例
ウェブ・ビーコン-ウェブ・ビーコン03
メールに画像を埋め込む例

クッキー 與 ウェブビーコン 比較

クッキーとウェブビーコンは、どちらもユーザーの行動を収集、追跡、分析するために設計されたツールですが、いくつかの違いがあります。クッキーは、ユーザーのデバイスに保存される小さなテキストファイル(JSON)で、多くの場合、ユーザーの好みや閲覧データを保持するために使用され、ブラウザの設定を通じてユーザーが簡単に表示および管理することができます。

それに対し、ウェブビーコンはHTMLウェブコンテンツや電子メールに直接埋め込まれ、通常1ピクセルしか目に見えない画像であるため、収集されたデータはウェブサイトに入ったりメールボックスを開いたりするとサーバーに送信され、この機能によって異なるウェブサイト間でユーザーデータを追跡・収集することもできる。

クッキーはユーザーの端末に直接保存されるため、ブラウザでブロックすることができますが、ウェブビーコンは外部のサーバーに情報を渡すため、完全にブロックすることはより困難です。

ウェブ・ビーコン 優缺點

もちろん、どんな技術にも長所と短所があり、長所と短所を知ってこそ、より便利に使うことができる:

ウェブビーコンの利点

マーケティング・データ分析

Web Beaconは、ウェブサイト上でのユーザーの行動をすべて追跡するツールです。例えば、各ページの滞在時間、Eメールによるプロモーションキャンペーンの効果などです。このデータは、マーケティング戦略を最適化し、ユーザーエンゲージメントを高めたい企業にとって非常に有用です。

学術研究

これらのツールによって収集された詳細なデータは、学術的な目的にも非常に価値がある。このような情報やデータを分析することで、インターネット上の一部のユーザーの利用パターンやオンライン活動を分析することができる。

ユーザー・エクスペリエンスの最適化

ウェブビーコンによって収集されたデータを分析することで、企業はよりパーソナライズされたコンテンツや広告を視聴者に提供することができる。例えば、ソーシャルメディア・プラットフォームは、このデータを利用して、ユーザーが興味を持ちそうな広告やビデオを配置し、ユーザーが広告を見たりサイトに滞在する時間を増やすことができる。

ウェブビーコンの欠点

企業の評判リスク

ウェブビーコンや類似のトラッキングメカニズムに過度に依存すると、有害な場合があります。デジタルプライバシーに対する懸念が高まる中、押し付けがましいと思われるビジネスは、ブランドイメージを損ない、ユーザーの信頼を低下させる可能性がある。

プライバシー

ウェブビーコンの主な欠点は、プライバシーを侵害する可能性があることです。ユーザーの明示的な同意なしに、クロスプラットフォームの行動を監視するため、不要なデータ収集やユーザー情報の悪用につながる可能性がある。その秘密主義的な性質は、オンライン・トラッキングに対するユーザーの懸念をさらに悪化させる。

結語

ウェブビーコンはユーザーデータを収集するための効果的なツールですが、このツールを乱用しないように注意する必要があります。

ご質問がありましたら、お気軽にメッセージを残してください!

この記事が気に入ったら、他の記事もぜひご覧ください。

参考

ウェブサイトおよび電子メール内のウェブ・ビーコン

その他の参考記事

2023 Yahoo! ソフトウェア・エンジニア・インタビュー

なぜ大企業はNxを使うのか? モノレポツール 5分のクイックセットアップ

モノレポを本当に知っていますか? 5分で学ぶフロントエンド・メガアーキテクチャー

Zustandとは? Reactフロントエンドの状態管理

「Web Beacon 網路信標是什麼?除了 Cookie 以外,你需要了解的工具」への2件のフィードバック

  1. まず最初に、素晴らしいブログだと言いたいのですが、簡単な質問がありました。
    差し支えなければ、あなたがどのように自分を中心に置くのか知りたかったのです。
    そして書く前に考えを明確にしてください。
    を得るのに頭を整理するのに苦労しました
    自分の考えを書くのは本当に楽しいですが、最初の 10 ~ 15 分だけのようです。
    どうやって始めればよいのか迷ってしまいますが、何か提案やヒントはありますか?
    ありがとう!

    私のウェブサイト เว็บความรู้

    1. 「どうやって書き始めればいいですか?」というお問い合わせについて、お褒めの言葉とご質問をいただきありがとうございます。
      私は技術的な記事をたくさん書くソフトウェアエンジニアではなく、学習者としての視点からアプローチし、学習に取り組むたびに、他の人にとって理解しやすい方法はないかを考えます。
      そして、これらの方法に基づいて記事を書き続け、最終的には時間の経過とともに蓄積されます。また、ご質問もありがとうございます。

投稿メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ja日本語